伊豆稲取港、水揚げ金目鯛を直接、漁港の競り場にて浜買いする理由。

はまべ荘が総業より守り続けている。
伊豆稲取漁港で水揚げする地金目鯛
にこだわっているのには、訳があります。

稲取港の競り場にて直接浜買いし宿の
調理場にて鰓を取り、腸を抜いた後、
腸の状態を見て、お刺身用、 しゃぶしゃぶ、
姿煮付け用、煮付け用と細かく捌いています。

画像



この様に金目鯛の腸の状態を見て煮付け用と
刺身用に選別するなどの手の込んだ作業は
鮮魚店経由で金目鯛を求めては絶対出来ないのです。


無論通常、旅館,ホテルでは行われていません。
したがって細やかな鮮度の見極めができない。
〔鮮魚店で 鰓、腸、こけらを落とし,煮付け用,
三枚に下ろし刺身用とされ旅館の調理場へ納品される。〕

当館では総ての作業工程を自分でまかなうので金目鯛の
鮮度とおいしさに対して絶対の自信と強いこだわりがあります。

ここでお伝えしたい事がございます。

稲取金目鯛(稲取金目)と言われる金目鯛は,伊豆稲取港に
水揚げする金目鯛だけを表す標語であり,東京築地市場では、
稲取金目で通る屈指の高値を誇る金目鯛です。


伊豆稲取港にて水揚げされた金目鯛だけが
正真正銘の稲取金目鯛です。


近年、稲取産金目鯛と偽り、別産地の物を稲取金目としてお客様に
提供する伊豆の温泉宿が増えています。


また稲取金目鯛をいかにも用いて様な表記をする旅館、ホテルのサイト
がある事実は本当に慙愧の念に耐えません。




はまべ荘は、これからも稲取金目だけに
こだわり続けていきます。


三十年来のこだわりの地金目鯛の磯料理を
ぜひご覧下さいませ。


源泉掛け流し温泉と本物の稲取地金目鯛に、 三十年のこだわり。

この記事へのトラックバック